2018年6月13日 徳島の就職イベント(2018年6月後半~)
徳島で6月後半以降予定されている就職イベント情報をご紹介します。


6月17日(日) 2019とくしま就活フェスVol.3
        主催:徳島新聞社
        会場:アスティとくしま

6月22日(金) 平成30年度わかもの就職応援セミナー第1弾
        主催:ハローワーク徳島
        会場:ハローワーク徳島3F会議室

6月25日(月) マイナビ就職セミナー 徳島会場
        主催:マイナビ
        会場:あわぎんホール

7月4日(水) 若年者就職マッチングフェア
        主催:徳島労働局
        会場:ホテルクレメント徳島

7月14日(土) 徳島適職フェア
        主催:KG情報
        会場:アスティとくしま


また、適宜最新情報をお伝えしていきたいと思います。
2018年5月16日 教育訓練給付金でスキルアップ
こんにちは。
キャリアコンサルタントの福山です。

今回はスキルアップに役立つ教育訓練給付金についてご紹介します。


平成10年度から、雇用保険制度に設けられていたもので、名前は聞いたことがある方も多いと思います。

専門学校や、資格取得のスクールのパンフレットなどで、教育訓練給付金指定講座などという名称があるのを見られたこともあるかもしれません。



これが、平成26年10月から、
①一般教育訓練給付
②専門実践教育訓練給付

それから、45歳未満の離職者などを対象に
③教育訓練支援給付(平成33年までの暫定措置)

の3つの給付になっています。



簡単にいうと、

①一般教育訓練給付は、
 教育訓練経費の20%(最大10万円)の給付


②専門実践教育訓練給付は、
 専門的・実践的な訓練を対象として、
 訓練前にキャリアコンサルティングを受けることで、
 教育訓練経費の50%(年間上限40万円)の給付

が受けられるものです。



詳しくは、政府広報オンラインの案内や、ハローワークインターネットサービスなど、ご確認ください。

ハローワークサイト上で、対象講座の検索も可能です。


ぜひ有効活用して、スキルアップを!


2018年5月9日 徳島の就職イベント(2018年5月後半~)
今年は大学生の就活も動きが早いようで、もう落ち着きつつあるような印象もありますが、
新卒向け合同企業説明会のほか、徳島で5月後半以降予定されている就職イベント情報をご紹介します。


5月16日(水) ミニ就職面接会&業界PRセミナー
        主催:ハローワーク徳島
        会場:ハローワーク徳島3F会議室

6月9日(土)  徳島適職フェア
        主催:KG情報
        会場:アスティとくしま

6月17日(日) 2019とくしま就活フェスVol.3
        主催:徳島新聞社
        会場:アスティとくしま


また、適宜最新情報をお伝えしていきたいと思います。
2018年5月2日 徳島の雇用失業情勢(平成30年3月分)
早いもので新年度も1ヶ月経過し、年度替わりの慌ただしさも落ち着いた頃かと思います。



例年、この時期は、新卒採用もあったり、求人・求職の件数も増加して、人の出入りが盛んになりますが、実際の雇用情勢はどうだったか。


毎月、月末頃に厚生労働省から前月の雇用失業情勢が公表されていますが、徳島県に関しても、4月末に徳島労働局より「最近の雇用失業情勢(平成30年3月分)」が公開されていました。



平成30年3月分としては、以下のような結果です。

・有効求人倍率:1.43倍(前月比+0.06)
・正社員有効求人倍率:1.01倍(前月比+0.18)



詳細はリンク先の資料をご覧頂ければと思いますが、特に目立った変化はなく、相変わらずの好調な雇用情勢が続いているように思います。


ただ、これも以前と同様ですが、全体としては人手不足な状況とはいえ、同じ徳島県内でも地域によって、また職種によってもバラつきもあります。


例えば、常用的フルタイムで、

一般事務員は、求人870件に、求職者1944人で、有効求人倍率は、0.45倍、
介護サービスの職業は、求人1,000件に、求職者428人で、有効求人倍率は、2.34倍、

となっています。


求職活動、転職活動の参考に!


2018年4月26日 免許・資格一覧
新年度に入って、早や1ヶ月が経とうとしていますが、
新年度の目標に資格取得を掲げたり、新しい職場で仕事の特性上、資格取得を求められたり、ということもあるかと思います。

これからGWにしっかり勉強を!という方もいるかもしれませんね。


さて、先月のコラムで事務系職に役立つ資格をご紹介させて頂きましたが、実際これ以外にどのくらいの数の資格があるのか。


公的なところでいくと、ハローワークインターネットサービスの免許・資格コード一覧に結構な数の資格(免許)が掲載されています。


それから、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、総務省、法務省、文部科学省など、各省庁のサイト内の「資格・試験情報」にも所管の資格情報があります。



あとは、「資格 一覧」などで検索すると、「日本の資格・検定」のほか、「資格キング」「資格の門」といったサイトが出てきますね。


結局、数が膨大過ぎて数えていませんが(^^;)

ま、参考まで。

< 前の5件1  2  3  4  5 次の5件 >[8]

Copyright (c) 2016 あわジョブ All Rights Reserved.